遺言書の作成を弁護士に相談するメリットや費用について

豊川 遺言書、これは愛知県豊川市で遺言書を作るとき弁護士に相談するのが良い、他の地域でも遺言書の作成なら弁護士に相談することで効力を持つ重要書類を作ることができるメリットに繋がることを意味します。

遺言書には直筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があるけれども、これらの違いや特徴など遺言を作る上では知っておくべき部分です。豊川 遺言書は愛知県豊川市で遺言書を作るときには弁護士などの専門家への相談が良いなどの意味になるのですが、こちらでは、遺言書を作成するときに注意しなければならないことや弁護士に相談した場合のメリットや費用など解説していきます。

遺言書の作成はだれに依頼する?

豊川 遺言書

遺言書を作成する場合、専門家のアドバイスがあると効力を持つ文書にできるのではないか、このように考える人も多いのではないでしょうか。豊川 遺言書などでは弁護士以外にも司法書士や行政書士などの依頼先があるので、これらの士業資格者への相談が最適であることが分かるのではないでしょうか。司法書士は弁護士と比較が行われることが多い士業資格になるのですが、司法書士に遺言書を依頼することで相続財産に不動産がある場合などでは登記についてもセットで依頼できるメリットもあります。弁護士も登記手続きの依頼ができるのですが、遺言書とセットでやって貰えるのかは法律事務所の考え方に依存するので弁護士に依頼したい人の中で相続財産に不動産が含まれるときなど確認しておきましょう。

司法書士は、相続トラブルや不動産以外の分野は専門外のケースもありますので、遺言書の作成に慣れていないかもしれない、トラブルを回避するための遺言書を作成したいのであれば弁護士に相談するのが最適です。基本的には確実な相続および遺言執行を希望する場合は弁護士が確実です。行政書士も遺言書の作成相談が可能なケースもありますが、行政書士に依頼するのが良いケースは相続財産に特殊な物がなくて相続人が一人で争いが起きないなどのケースです。

遺言書の作成を弁護士に相談するメリット

豊川 遺言書

遺言書の作成を弁護士に依頼したい、このように考える人が多いのですが、その理由の中には弁護士は法的なトラブル対応をしてくれることや遺言内容の正確性の担保が可能になること、相続財産の正しい調査や遺言者に最適な種類を決定してくれるなどが挙げられます。遺言書の作成そのものは、経験を持つ資格者であれば弁護士以外にも司法書士や行政書士などに相談することはできるのですが、弁護士の場合は帆的なトラブルに特化した法律家でもあり、どのような文言を遺言書内に記載すべきか、どのように記載しておけばトラブルが発生しないのか事前に対策を図ることができます。さらに、トラブルに発展してしまったときでも司法書士や行政書士とは違い対応における制限がないのも相談するメリットの一つといえましょう。

遺言書を自ら考えていると、正確性などが乏しくなるケースありますが弁護士に依頼することで家族に対し安心して相続を実現できるようになります。この場合、どのような相続を希望するのか弁護士に伝えることで文書を作成して貰えます。不動産は相続人が2名以上いると非常に分割しにくいものですが、弁護士に相談することでその対処法などのアドバイスを貰うこともできます。また、遺言書には3種類があるのですが、公正証書遺言を使うことで法文書の専門家でもある弁護士および公証人が作成をしてくれる、完成した遺言書は公証役場で保管されることになるので安心感もあります。

遺言書の作成を弁護士に相談する場合の費用について

豊川 遺言書

弁護士に遺言書を作成して貰うと高額な費用が必要になるイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。費用の目安は相続財産で変動するのですが、弁護士は遺言書の作成以外にも相続放棄や遺産分割協議、遺留分減殺請求などの対応も行って貰うことができます。もちろん、これらの依頼をすると遺言書の作成費用以外にもお金が必要になって来ますが、相続放棄などは手数料が10万円からの設定になっている法律事務所が多いので、借金が多い場合や相続争いが起きそうでそれを回避したいときなど有利です。ちなみに、手数料10万円からの設定というのは、家庭裁判所への申し立て手数料になるもので当初の相談料が無料の場合には手数料のみで済むのではないでしょうか。

遺産分割協議や遺留分減殺請求などの場合、着手金以外に報酬を支払うことになるのですが、報酬金の相場は得ることができた遺産の時価評価額に応じて変動するケースが多く、300万円以下では16%で300万円を超えて3,000万円いかでは10%と18万円前後が加算される、3,000万円を超えて3億円以下の場合は6%と140万円前後が加算されるなどになります。3億円を超える場合は4%と740万円が加算されることになりますが、一般的には300万円から3,000万円以下の範囲になるのではないかと考えられます。

弁護士に相談した場合の費用の内訳

豊川 遺言書

遺言書を弁護士に依頼する際の費用の内訳ですが、これは大きく分けて相談・遺言書の作成・遺言の執行の3つに分けることができます。相談料は無料にしている法律事務所もありますが、一般的には30分から1時間程度で5,000円が相場です。相談料を節約したい人などは無料になっている法律事務所を利用すると良いかと思われますが、相談料が無料になっていても他の項目が高いこともあるので一概に手数料無料が良いとはいい切れるものではありません。

遺言書の作成は、10万円から20万円前後が相場といわれているのですが遺言内容などにより相続財産の種類に応じて変動することもあるのであくまでも目安と考えておくと良いでしょう。遺言執行まで依頼するときには相続対象となる財産に応じて費用が変わりますが、相談の際にある程度の費用を提示して貰えるので確認しておくと安心に繋がります。なお、遺言書は備えなどの目的で作成するものなどのように考える人は多いかと思われますが、もちろん備えなどの意味もあるのですが遺言書を作成する目的の中には残された遺族の人々に対して争いが起こらないようにするなどの重要な目的もあります。多少費用が掛かったとしても残された遺族間で平穏な状態で相続ができれば遺言書を作成する価値は高い、それのサポート役を担ってくれるのが弁護士です。

遺言書を作成する際に気をつけること

豊川 遺言書

自筆証書遺言や公正証書遺言、秘密証書遺言などの3つの種類が有りますが、この中で秘密証書遺言は全国でも1年間に100件程度など、一般的に遺言書といったときには自筆証書遺言や公正証書遺言のいずれかを選択される人が多いようです。被相続人が自筆で作成する遺言書が直筆遺言で、遺言者が自ら直筆で書いたものに署名および捺印が必要です、捺印は実印である必要はなく認印や指印などでも有効とされます。ただ、本文の中に捺印がないものでも遺言書を入れた封筒の封じ目部分に捺印が有れば有効となりますが、本文中にも捺印を行って封筒にも行うなどが最適です。

自筆証書遺言は弁護士など依頼することなく自ら作成するやり方になるのですが、この方法では内容に不備が生じる可能性が高まります。書き方を間違えると作成した遺言書も無効になるので作成し終えたあとは弁護士などのような専門家にチェックして貰う、もしくはチェックして貰いながら作成するようにしましょう。なお、自筆証書遺言の場合は通常それを自宅で保管する形になるのですが、これを発見した第三者により改ざんされることもあるので保管場所にも注意しなければなりません。遺言書の作成で不安があるときなどは、公正証書で作成するのがおすすめです。公証役場の公証人が作成する公文書でもあり、内容の正確性および信用性など担保できるので遺言そのものの効力により争いが起こりにくくなるメリットを持ちます。

遺言書の作成は、弁護士以外にも司法書士や行政書士などに相談することもできるといいます。ただ、経験を持つ資格者でなければ困難などからも弁護士に相談するのが適切といえます。また、弁護士に依頼するメリットや費用などついて解説しているので、これらを参考にして遺言書の作成を検討されると良いでしょう。