メンズファッション、大きいサイズのアウター

メンズファッション、大きいサイズのアウター

ぽっちゃりでも、ぴったり合ったサイズを選ぶ

ファッションにはセオリーがあります。このセオリーは、決して個性だとか創造性というものを殺すものではありません。ファッションにおけるセオリーは、自分自身を良く見せるための指針的な役割をするものと考えましょう。
 
ぽっちゃり体系の人でありがちな間違いは、体型を隠そうとして、大きめのシャツやアウターを選んでしまうことです。
 
人はそれぞれ体型に特徴がありますので、ぴったりとくるサイズもまちまちなはずです。一般的にサイズはS M L XL等で表されますが、このサイズ感は国により、そしてメーカーによっても違いがあります。サイズは目安にはなっても、それが実際にしっくりくるかというと、それはまた別の話になるのです。大きい人でも小さい人でも、自分の体に適した大きさの服を選ぶことが大切なのです。
 

体型を隠そうとすると、より大きくみえてしまう

ぽっちゃり体型や長身の男性が、体型を隠そうとして大きめサイズのシャツやアウターを着てしまうと、かえって大きく見えてしまいます。最近は大きいサイズの服専門店も増え、品揃えも充実しているので、さまざまなデザインやサイズの商品に目移りしてしまうこともあるでしょう。しかし、だからといってフィットしない服を選んでしまうと、あなたの魅力を左右してしまうほどの違いが出ることがあります。
 
ファッションの基本セオリーは、
「フィットするサイズの服を選ぶこと」
です。
 
やせ形の人も、背が高い人も低い人も、それぞれにフィットした服を選ぶことが大切です。大きいサイズ専門店で買い物をする場合、他のお客さんもサイズの大きな人たちでしょう。そのお客さんたちのファッションを見て、それがジャストサイズではない「いけてないファッション」であったとしても、なぜかそこに仲間意識のようなものが芽生え、似たようなルックスになるファッション選びをしてしまう。そんな危険がお店には潜んでいます。
 
大きいサイズのシャツやアウターで体型をカバーしようとすると、腰回りや太もも、腕まわりなどが、必要以上に大きく見えてしまい、ぽっちゃりしていることを逆に強調してしまいます。特にトップスやアウターがジャストサイズでないと、より太め感が出てしまいますので頭に入れておくようにしましょう。
 

体の細い部分を見せる、そして魅せる

体の細い部分、たとえば首、手首、足首といったパートですが、露出させることでスリム感を出すことができます。もちろん、冬場にこれをやるのは酷というものですが、春から夏にかけては爽やか感も出せるので有効でしょう。
 
胸元はVネックシャツなどで上品に露出させ、パーカーなどのアウターを羽織るときでも隠れないようにしましょう。ただ、胸元を開けすぎるのは下品になってしまうので注意が必要です。手首も少々腕まくりをして露出。足首も、夏なら迷わず短パンで。自信がなければロングのパンツをロールアップで。足首の露出はスリムに見せます。そして女性はそんなところに、意外に魅せられるものです。
 

B系に逃げてはいけない

B系はアフロアメリカンのヒップホップファッションとして、既に世界的に定着しています。オーバーサイズの服で主にコーディネートするファッションスタイルですが、この手のスタイルでクールに決めるのは、実はかなり難しいことなのです。これは体をカバーすることで、体型を目立たないようにさせる試みと同様に、より体型を太めに見せることになりかねない行為です。たしかにラッパーの中には大きかったり、ぽっちゃり体型の人もいますが、B系の肝は服だけではないということを知っておくことが大切です。スニーカーやアクセなど、細かく、そしてトータルに見せることができればいいのですが、多くの人にとって、なかなかハードルの高い挑戦となります。
 

大きいサイズのメンズアウター、服の色に関する知識も重要

色には「大きく見える色」や「小さく見える色」があります。色には明るさがあり、この明るさが明るいほど輪郭がぼやけやすくなるのです。
 
輪郭がぼやけやすくなる=色が膨らんで見える…このような色のことを「膨張色」といいます。この「膨張色」の代表が「ホワイト」「うすいベージュ」「うすいピンク」などです。
 
輪郭がはっきりと見える=シャープに見える…このような色のことを「収縮色」といいます。この「収縮色」の代表は「ブラック」「ネイビー」「ダークブラウン」などです。
基本的な考え方は
「明るい彩度の高い色は大きく見える」
「暗めの色はシャープに見える」
です。
 

大きいサイズのメンズアウター、細身の服を積極的に選んでみる

これまで、
「体に合ったサイズの服を選ぶこと」
を中心にお話ししてきましたが、ここでもう一つ、ぽっちゃり体型の人にトライして見て欲しいことがあります。体に合ったサイズの服を選ぶという前提の下、
  • 細身の服
を積極的に選んでみて欲しいのです。
 
ただ、ぴちぴちの服ということではありません。細身のシルエットの服という意味です。ジャケットやコート、パンツといったアウター選びの際に、このような細身のシルエットの服を選んでみてください。全体的に引き締まった体つきに見えるようになりますよ。
 
  • 大きいサイズのメンズアウター、柄も注意して選ぶ
「大きく見える色」や「小さく見える色」があることについてはご紹介しましたが、「大きく見える柄」、そして「小さく見える柄」もあります。
 
ずばり「ストライプ」は「太い」「細い」を強調する柄です。ぽっちゃり体型の人にとって「横ストライプ=ボーダー」は、横の広がりを強調する効果があり、よけいに太って見せてしまいます。キャラクターなどがプリントされているトレーナーなどでも似たような効果があり、服全体にわたる大きなプリントは、体型を太く見せてしまう効果があります。
 
ストライプでも縦のストライプは、体型を細身に見せてくれます。縦ストライプが縦のラインを強調してくれることが理由です。
 
意図的にこのような視覚効果を出すことができる「縦縞」は、大きいサイズのメンズファッションで積極的に取り入れるべきアイテムだと言えるでしょう。
 
  • 大きいサイズのアウター、取り入れてみたいコーディネート
大きいサイズ、特にぽっちゃり系の人にぜひ取り入れて欲しいコーディネート。それはオールブラックです。これまでにもお話しした通り、黒は体のラインをくっきりと見せてくれる色です。全身を黒でキメるとなると、なかなか難易度の高いファッションとなりますが、ここは果敢に挑戦してみたい!「黒のVネックTシャツ」、アウターには「黒のジャケット」や「黒の長袖シャツ」を腕まくりして手首を露出させてみましょう。
 
パンツは思い切ってブラックのスキニージーンズにトライしてみたいところですが、無理なようならおすすめはテーパードパンツです。
 
テーパードパンツは、スキニーのように全てが細く作られているのではなく、パンツの裾に向けてだんだんと細くなっていくタイプのパンツです。テーパードパンツは、足下がすっきりと見える一方、太ももなどはわかりにくいシェイプになっているため、使い勝手の良さが魅力的です。スキニーでもテーパードでも、もちろん足首は露出させましょう。ワンポイントに赤のソックスを見せるのも効果的です。
 
  • 大きいサイズのメンズアウター、選択肢増加でおしゃれチャンス到来
大きいサイズの服も、アウター、インナーともに、最近は幅広く選べるようになりました。最近はおしゃれ上手な、大きいサイズのファッショニスタを多く見かけるようになりました。今回ご紹介したアイデアやアウターをうまく取り入れて、大きいサイズのおしゃれを楽しみましょう。


【大きいサイズ】メンズのTシャツ・パーカー・アウター・パンツ・デニム・ジャージ・ベルト・帽子